秋@Reborn-Art Festival'17

Reborn-Art Festivalとは
「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。
このお祭りでは、石巻中心市街地と牡鹿半島にて、
国内外の現代アーティストたちの作り上げた作品が地元の方々の協力のもと展示され、
さまざまなスタイルの音楽イベントが開催され、
さらには、石巻を含む東北のシェフのみならず、国内外の有名シェフたちによる地元の食材を使ったここでしか味わえない食事をいただくことができます。


今、生まれ変わろうとしている東北だからこそ、他では出会うことのない価値観や人に出会うことができる。今まで出会うことのなかった自分にさえ、出会うことができるかもしれない。「Reborn-Art」とは、東北の再生を指すだけでなく、参加する人それぞれの「Reborn」を願うお祭りです。(HPから引用)


7月から9月までやってるんだけど、最初本当に全てがよくわからなかった(笑)
いろんなマップを見たり、時刻表を見たけど本当アクセスの仕方が・・・
本当は全部を見て回りたかったけど、そのためにはもっと時間がいるし、
結果、車があった方が断然楽だとわかりました!皆さんおすすめです!!


今回は時間の関係もあって、石巻だけ行ってきた。
(徒歩で全部見れるのは石巻だけ!!)
今回の旅で一番楽しみにしていたのに、生憎の雨・・・



①小林武史 × WOW × DAISY BALLOON
これは最後に行って、時間がなくてあまりゆっくり出来なかったけど
めまぐるしく変わる映像の色が綺麗で、ゆったりとした空間で
散々雨の中歩いて疲労困憊だった私にとって癒しの時間だった。



②キュンチョメ
一番泣いた。震災後、7年経ったから言えることがある。
蝉の幼虫は地中で7年間を過ごす。震災から7年が経つ。
蝉の抜け殻を叩き潰しながら、目標をそれぞれ口にする。


ー宇宙に行きたい


ー猫を飼いたい


ー生きたい


③齋藤陽道




他にも、
宮永愛子
皆川 明(minä perhonen)
バリー・マッギー
ヨーゼフ・ボイス
八木隆行
ルドルフ・シュタイナーたちの作品も見たけど
写真アップするのが面倒になりました。ハイ。
検索してください(笑)







秋@文翔館


立石寺を後にして、次はどこに行こうか悩んだ結果、
文翔館にいくことにした。(将棋と足湯は断念)


文翔館とは:
国の重要文化財。旧県庁舎及び県会議事堂。


入場無料で、16:30まで開館しているので時間的にもぴったり
駅から模索しながらバスに乗ってなんとか到着。
どどーーんと構えてました、文翔館



この時に知ったが、映画:るろうに剣心のロケ地だったそう。
絨毯の刺繍が綺麗・・・・!!
天井も草木、果物が掘られていて、名産物のさくらんぼや紅花を探すのが楽しかった。
1部屋の天井の制作期間は1年ほどらしいよ



この壁の大理石はストーブを使用した時に焦げないようにするため。
昔の人は偉かった・・・


かっこよい!この昔の雰囲気がたまらなく好き。
歩けばキシキシ音のする床ですら好き。


何と言っても、この着物!
平安時代から変わらぬ技法で紅花を12回も染色したそう。
これは是非生で見て欲しいほど綺麗な発色。



ガイドの方もいて、丁寧に説明してくれました。
その他の部屋も見回って、電車の時間があったので仙台に逆戻り〜


秋@立石寺


2017年9月上旬、東北一人旅3泊4日。
といっても巡ったのは山形・宮城県のみ
まだまだ見足りない、範囲が大きすぎる
完全に舐めてました、東北。ごめんなさい。


1日目
昼過ぎの便でKIX→SDJへ
あっという間に到着して、兄と合流。二人で鍋をつついた


2日目
姉の青春18切符をもらっていたので、電車で目指すは山形県の立石寺。
※立石寺とは
天台宗の寺院で、重要文化財に指定されている。(ざっくりすぎる)


仙山線でおよそ1時間ゆられて(寝てしまってたけど)、無事到着
着いた瞬間に目の前に広がる大自然。これこれ〜空気が気持ちいい


9月だし、山だから寒いと思ってたら暑いのなんの。快晴でした。
確か、1時間ぐらいの登山コースだったかな?
何個かコースはあったけど、無難なコースを選択。



入山料の¥300を山門で払い、そこからノンストップでひたすら登る。
実は根本中堂〜山門までの距離に出店が数店舗あったけど
とりあえず後回しにした。


こんな石段が続く・・・


余裕なさすぎて写真がない。
子供をおんぶして登るお父さん、かっこよい
これは止まったらおしまいなんだわ。もうほぼノンストップで頂上を目指す


約1時間登ると・・・(私はそれより時間をまいた)

素晴らしい景色だ〜もう汗だくだく。化粧落ちる落ちる。空気が美味しい。


この横を抜けると、五大堂がある。

ここでだいぶ休んだな〜風が気持ちいいのなんの。
隣でおばあちゃんたちが「もう歳だ」て話してたけど
登ってきてる時点でかなりすごいよ、と内心思ってた。



そのあと、ちゃんと奥之院・大仏殿(頂上)まで登りきり、一休み。
犬を連れてきてる人がいたけど、あんたも大変だなと思いながら
少し座ってた。


その道中に、土曜日しか来ない郵便ポストが・・・
誰が週1でも来るんだよ、絶対やだよ。
何軒か家があったので、人が住んでいると思われる・・・・



そのあとゆっくり降って、松尾芭蕉も食べたとされている
「ちからこんにゃく」を¥100で購入。
お昼食べてないから美味しかった〜 おばちゃんありがとう。
本当はこれを食べながら登山するみたいだけど、ゴミを持って歩くのが嫌だったから
やめた。からしが美味しい。ていうか普通に美味しい。



そのあと、どうしようかと考えていた。
一人旅、なんの計画もございません。
ある程度行きたいところは決めていたものの、電車の時間とか
そんなの見てなかったから、驚いた。電車の便が悪い(笑)
コスモス畑や将棋の街にいって足湯とか、いろんなパターンを考えたが
どれも兄との約束に間に合わない・・・
「しくった〜〜!!のんびりしすぎた!」諦めて山寺駅周辺を散策して、
山形駅を目指すことにした。


電車までの時間に少しお土産を購入。
おかきとかを父母に。そしたら目の前には醤油アイスが・・・
抹茶か悩んだけど、珍しいし食べてみようと思って購入。
茶色いのは黒蜜だったかな?まぁ、味は少し辛くて、うん・・・


てなわけで、山形駅へ行こう〜
アドレナリンがきれて足がガクガクしてきたよ〜!!!